読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疑ってしまってごめんね

一人暮らしをしている息子から電話があった。

めったに連絡なんてしてこないのにどうしたんだろう?と思いながら出てみると、昨日会社の人と飲んでいたそうで、始発電車に乗ったらそのまま眠ってしまったと言うのです。

そして起きたらカバンが無くなっていて、その中には財布も入ってるし、携帯も入ってるし、会社から支給されている携帯も入ったままで、どうしよう困ったよと言う電話でした。

それは大変だと思ったのですが、うん?ちょっと待てよ、これはもしやオレオレ詐欺じゃないのかなと半信半疑になりながら、少し騙されたふりして聞いてやろうと思いました。

いつお金が必要だと言って来るかなと思いながら、携帯会社には紛失したことを電話したかとか、警察には行ったのかとか話しました。

そんな話をしてから「まっ、そんなことがあったって事でさ、思わず電話しちゃったよ、じゃあね」と。

本当の息子だった。

疑ってしまった自分が何か情けなく、すごく悪いことをしてしまったと思いました。

その事を話したら、ひでーなーと言いながら笑ってましたが。

その後、親切な人が交番に届けてくれたそうです。

お財布はそのまま中身も入ってたそうですが、携帯が無くなっていたそうです。

お酒飲むのも良いけど、家に着くまではもうちょっとしっかりしなさい。